« 清流しまんと トロッコ列車 | トップページ | 焼き方と鮮度で美味しさがアップ!藁焼き鰹のタタキ(たれ) 「明神丸」 »

2006年8月23日 (水)

四万十川の 川の幸フルコース 「季節料理 たにぐち」

さて、旅の四日目の四万十川満喫DAYを締めくくるべく、四万十川の川の幸を食いたおすために、四万十市中村という土地にやって来ました。土佐くろしお鉄道の中村駅に19:38着。今日は朝から何も食べてなくて、お腹ペッコペコのところですが、もう一踏ん張りしてウォーキング。駅から歩いて15分、「季節料理 たにぐち」 という店に到着。

Imgp2247

ここ四万十市中村という土地は、四万十川の下流地域に位置し、四万十川観光の拠点として栄えた町で、四万十川の川の幸が食べられる料理屋も数多くあります。そんな中、一番評判が良さげだったこの店を選んだわけですが、店に入ると団体の予約の客で一杯だったのですが、1名くらいならということで中へ通してくれましたぁ。忙しい時にありがとうございますぅ! 小料理屋的なお店で、お値段も今回の旅では一番高い値段ですが、せっかくなので贅沢します! 「四万十川定食A」 3675円を注文し、四万十川の 川の幸フルコース オンパレードのスタート!

Imgp2248

↑ まず1番手に登場したのは、写真左の 「ゴリの卵とじ」。 ゴリというのは、四万十川の川底に生息するチチブという淡水魚の幼魚で、切り干し大根や青さのり を加えて卵とじにしたこの土地に昔からある郷土料理です。「まぁまぁ、この料理はこんなものでしょう。」 という感じ。

2番手は写真右の 「川エビの唐揚げ」。こっちは カリップリッで、めっちゃウマ~い!

Imgp2252

↑ 川エビとは手長エビのこと。写真で普通のエビより手が細長~いのがわかりますでしょうか。夏の今が旬の四万十川の手長エビを、水でサッと洗った後に生きたまま素揚げし、軽く天然塩をふりかけ いただきます。小さい割に身も詰まっていて、本当にカリップリッな食感なのであります。

Imgp2250

↑ 定食ですからね、ご飯・お吸い物等がもちろん付いてます。さぁさぁ、次の方どうぞー!

Imgp2249

↑ 3番手は 「青さのり の天ぷら」 です。これがねぇ、衝撃的でしたぁ!僕の今までの人生、海苔と言えば薄っぺらいモノという固定観念をひっくり返してくれました。四万十川の河口で採れた青さのりを天日干しし、さっくりと揚げることにより、このような立体的な海苔ができるわけで、それを天つゆにくぐらせると、天つゆがよく染み渡り、食感はサクッとした後すぐに口の中でとろけたかと思うと、海苔の香りと味がフワッと広がっていく…完璧じゃないですかぁ!美味し過ぎるぅ! 写真でも 見た目が地味で伝わりにくいんですが、食べてみてビックリってやつですねぇ。「青さのりの天ぷら」 は、四万十川料理としてすでに有名になってるそうですが、ここ 「季節料理たにぐち」 が元祖で、最初に作り出したそうです。ナイスジョブ! 自分的には、韓国のりを初めて食べた時よりも、ずっと衝撃的ですねぇ。韓国のりは今や、どこのスーパーでも手に入る程に普及しましたが、青さのりもどこででも食べられるくらいに普及しないですかねぇ? ぜひメジャーになってほしいです。

Imgp2251

↑ 4番手は、「ウナギの蒲焼き」です。天然ものってやつです。今までたぶん、養殖もの しか食べたことないと思うんですが、天然ものは身が引き締まってるんだなぁと感じました。四万十川の天然ウナギが美味しいシーズンは、冬眠前の秋が旬で肉付きがよく美味しいそうなので、今の時期はこんな小ぶりなのかなぁと思いました。天然ものを食べれたってことだけで満足です。

Imgp2253

↑ さぁ、ラストのトリを飾るのは、夏の今が旬な 「鮎の塩焼き」 です。川の魚と言えば、鮎ですもんねぇ。その川が四万十川なら、なお美味しいに決まってます! 実は恥ずかしながら、鮎って今までちゃんとしたモノを食べた記憶がなくって、初体験かもしれません。「季節料理 たにぐち」の食材は全てが天然モノ。新鮮な天然モノの鮎は、塩焼きにして丸ごと かぶりついて食べるのが美味しいそうですねぇ。はいはい、確かに美味しいです。普段、魚はキレイに皮も取って食べる人なんですが、今日は丸ごと いっちゃいましたぁ。それに、天然の鮎は石に付いた藻を食べるので、内臓も美味しいのだそう。はいはいはい、確かに苦くもなく美味しゅうございます!

全料理が出終わりました。アンコールで、「青さのりの天ぷら」をもっと食べたい気がします。 まぁ、四万十川の川の幸フルコースを総括しますとですねぇ、シンプルに素材で勝負という感じでしたが、やっぱりねぇ、昼間に見たキレイな四万十川で泳いでいた鮎なんだなぁ、アノ四万十川で採れた川エビや青さのりなんだなぁと思うと、「そりゃあ、美味いでしょ!」 ってことですよねぇ。「清流というスパイスが効いてます。」 なんてウマい言葉でシメてみました。

Imgp2191

といったところで、4日目はココ四万十市中村で終了。四万十川を堪能し尽くした1日でしたねぇ。明日は高知市で、土佐の海を堪能だぁ!

まだまだいろいろと楽しめそうな四万十川。四万十川情報満載の 「四万十かざぐるま」 http://binbi.net/index.htm

本日の記録

歩数 15267歩

しっかり歩数 8137歩

しっかり歩数時間 75分

歩行距離 10.68km

消費カロリー 556kcal

脂肪燃焼量 31.9g

|

« 清流しまんと トロッコ列車 | トップページ | 焼き方と鮮度で美味しさがアップ!藁焼き鰹のタタキ(たれ) 「明神丸」 »

「ウォーキングダイエット ~歩きまくれ!15年前の僕を探して~」カテゴリの記事

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「モバイル一人旅 6日間四国一周編」カテゴリの記事

「栄養摂取」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22714/3508686

この記事へのトラックバック一覧です: 四万十川の 川の幸フルコース 「季節料理 たにぐち」:

« 清流しまんと トロッコ列車 | トップページ | 焼き方と鮮度で美味しさがアップ!藁焼き鰹のタタキ(たれ) 「明神丸」 »